朝の連ドラ 大好き主婦のブログ

NHKの朝の連ドラ大好き主婦です。連ドラヒロインや連ドラでブレイクした女優、俳優についてや、ロケ地などについて色々書いています。

ブログをしばらく書いていないうちに
「わろてんか」のストーリーが大分進みました。

年に一度の薬祭りで、
てんと籐吉さんは久し振りに再会。

二人はお互いの気持ちを確認し合ったものの
お父さんから厳しくしかられて
物置倉に監禁されてしまったてん。
そんなてんに合うために
籐吉さんははしごを使って
夜な夜なてんに合いに行きます。
ナレーションにもあった通り、
まるでロミオとジュリエットのようでした。

その後、てんはお父さんから勘当されて
籐吉と一緒に、脚気堕ち同然の状態で
大阪の籐吉の実家である米問屋に戻ります。

そこでは、なんと籐吉のいいなずけという
すでに住み込んでいました。
籐吉のお母さんは、てんを認めてくれず
女中としてなら済むことを許されました。

女中部屋で寝泊まりし、着物も女中服。
掃除、選択、炊事などなど、
先輩の女中さんたちにも厳しくされるてん。

ここでは、まるでジュリエット状態ですね。
でも、一生笑って生きる、と決めたてんだから
ひるむことなく笑顔で頑張ってやってくれますね。

きっと周りの皆を笑顔にして、
厳しかった女中仲間も
てんの笑顔に癒やされ始めて
そのうちに、皆、てんのことが大好きになると思う。

それにしても、頼もしいのは
京都にいたときの、てん付きの女中のおトキが
大阪に来てくれた事。
てんのお母さんが、心配して送ってくれたんですね。

籐吉のお母さんと、お母さんが決めたいいなずけが
てんに対して、すごくいけずをするけど、
それをどんな風に、かわしていくのか
その辺りも見所になりそうですね。

生きてると、色んな事があって
笑うことも大変、って思うときもあるけど
どんなときも笑顔でいることって
大切だな、って思えるドラマに期待です。



~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング参加中です。
クリックありがとう♡

にほんブログ村

第一週目でヒロインの子供時代が放送されて
土曜日の放送で、成長したヒロインが登場する、
という朝ドラの定番通りに進みましたね。
実在した人のストーリーの時にはこのスタイルですね。

鈴木福君が演じていた、でっち奉公の風太役が
大人になって、濱田岳が登場しました。

濱田岳と言えば、CMでの金太郎役が板についてます。
それに、「釣りバカ日誌」の最新版ドラマでは
西田敏行が演じていた、主人公の浜ちゃんを
濱田岳が演じていて、味のある縁起をしています。
(ちなみに、浜ちゃんだった西田敏行が、こちらでは
社長のスーさんを演じているのが、また面白いです)

わろてんかで成長した旅芸人の娘、リリコの役で
広瀬ありすが登場しましたが、
「釣りバカ日誌」で濱田岳と共演してますから、
2人とも朝ドラ初登場ながら、
こちらでも共演ですね。

濱田岳は、
1998年6月生まれ、出身は東京です。
9歳の時にスカウトされて
子役としてドラマデビュー。
一時期芸能活動を休止していたけど
2004年放送の「3年B組金八先生」に出演しました。
この時、通っていた高校では、
芸能界での活動が禁止だったため
高校を辞めて俳優の道に進んだようです。

「わろてんか」では、
風太はヒロインのてんが好きなんですよね。
でも、てんは旅芸人の北村籐吉と
いい仲になるんですよね。

てんからはいつも弟扱いされる風太ですが、
てんのためなら身を粉にしても働く、
といった一途さがかわいいです。










年に一度の薬祭りが始まり、
でっち奉公の風太に誘われて、
こっそり寄席を見に行った二人。

勝手に潜り込んで客席で見ていたら
裏方さんたちに見つかって、追われて逃げる。

逃げるときに、同じように追われて逃げる
その二人は、旅芸人の
北村藤吉とキースこと山村喜助。
北村籐吉を演じる
松坂桃李がいよいよ登場しましたね~(^^)

籐吉とキースは、無料だと思って食堂で
食べてたら、お金を請求されたために
ただ食い状態になってしまい、逃げてきたらしい。

そこで、同じように逃げていた
てんと風太と鉢合わせ、
神社の社のなかに逃げ込んだ。

これが運命の出会いなんですね~
籐吉は自分のことを、
人を笑わせる事では日本一の芸人だ、
と言っているけど、
ホントの所はどうなのかな?

てんと籐吉とのこの出会いが
これからどんな話に発展していくのか
とても楽しみになってきました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキングに参加中です。
クリックありがとう❤


にほんブログ村

きょうの「わろてんか」では、
笑いを禁止されて、必死に笑いを
こらえながら生活しているてんに
でっち奉公の風太が、
ほっぺたを両手で引っ張るといい
と教えてましたね。

そのために、一日に何度も
笑いをこらえて頬を引っ張ってたので
てんの両頬が真っ赤になってました。

ドラマでは笑い上戸を”げら”って言ってますが
風太もてんに負けず劣らず
かなりのげらですよね。

てんは笑い禁止令を解いてもらうために
お花やお茶などのお稽古に励んでましたが
その効果たるや、ますます笑いをこらえる羽目に?

てんのお父さんはかなりの頑固者で
笑うのが苦手のようですが
それは、小さい頃にでっち修行に出て
昔はもっと厳しかったために、
無愛想な性格になってしまったようですね。

そんなお父さんは、
パーティーでの失敗で取引がダメになってしまい、
あちこちのドイツの業者に手紙を書くため
一所懸命ドイツ語の勉強をしていました。

頑固なお父さんとは違い
てんのお母さんはとても優しい人ですよね。

”てん”という名前は
おてんとう様から取った名前何だよ、
てんの笑顔で家の中が明るくなったし、
笑うのを我慢しなくても良い、
と言ってくれます。
すごくステキなお母さんだな。

神社ではお祭りが始まってるようでしたね。
薬祭りという祭りで、
薬の神様みんなに感謝するお祭りなんだとか。
そこで、てんの運命を変える男が
登場するんですよね。
松坂桃李がいよいよ登場、楽しみです。



~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング参加中です。
クリックありがとう♡

にほんブログ村

今日からスタートの『わろてんか』
朝ドラの定番パターン、
ヒロインの幼少期からのスタートでしたね。

笑うことが大好きなヒロインの藤岡てん。
だけど厳しい父から、
笑うことを禁止されてしまう。

ドイツから来たお客様の前で
笑いをこらえきれなくなってしまって
大笑いして大失敗してしまったてん。

父親から罰を受けて、
物置倉に閉じ込められてしまいました。

藤岡てんの幼少期を演じているのは
新井美羽ちゃん。

大河ドラマの『おんな城主直虎』で
柴咲こうの幼少期を演じていて
すごく印象に残っています。

元気でハキハキとした
パワーを感じる女の子ですよね。

2006年9月生まれで現在は10歳。
3歳の時に子役としてデビューしたということだから
もうすでに7年のキャリアがあるって事ですね。

今週は元気な幼少期の
てんの可愛らしさが見所になりますね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


にほんブログ村

↑このページのトップヘ